2012年07月30日

日本100名城25番 甲府城(舞鶴城)


甲府城 舞鶴城公園甲府城甲斐府中城)は、JR中央本線甲府駅のすぐ南東に位置し城跡の一部が「舞鶴城公園」として開放されています。鶴が羽を広げた姿に似ていることから、江戸中期から舞鶴城と呼ばれるようになりました。

舞鶴城公園案内図甲斐の国と言えば武田家ですが、甲府城は武田家が築城した城ではありません。甲斐の国は武田氏滅亡後に織田家の領地となり、徳川家康が統治してました。その後、豊臣秀吉が天下を統一し徳川家康が関東に移封になると、その押えとして豊臣秀吉がこの地に築城を命じました。

石垣の構造説明書き甲府城 石垣(隅角部)






甲府城は、関東の城では珍しく石垣がとっても素晴しいお城です。この様な説明書きも有りますので、じっくりと散策してみるのも良いですね。

甲府城 石積み復元補修工事甲府城 石積み復元補修工事の様子






現在、天守台の石積み復元補修工事が行われております。鉄門と合せ、完成する日が待ち遠しいです。

甲府城 鉄門復元想定図鉄門の復元想定図です。






甲府城 稲荷櫓甲府城 稲荷櫓のアップ






2004年に当時と同じ木造で復元された稲荷櫓です。内部は無料で開放されています。

駐車場に付いてですが、現在様々な工事がされてる関係で工事関係車輌で一杯になってる事が多いです。近くに有料駐車場が幾つかありますので、そちらを利用するのが良いです。ちなみに、駐車違反の取り締りは頻繁にされてる様です。


■住所:山梨県甲府市丸の内1丁目
■電話:055-237-5702(甲府市観光課)
■開園時間:公園は常時開放
■駐車場:本文参照

geinojin at 11:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!甲府城 
2012年07月13日

武田氏館跡 躑躅ヶ崎館跡(つつじがさきやかたあと)


武田氏館躑躅ヶ崎館とも呼ばれ、武田信玄の父、信虎が永正16年(1519年)に石和からこの地に館を移したことから始まりました。その後、信玄勝頼と武田家当主の館として使われました。そして武田家が滅び、甲府城が作られるまでの約70年にわたり、政治・経済・文化の中心地として発展しました。(看板資料より抜粋)

武田神社 正面入口武田神社の入口。現在はアクセスが良いように南側にこの様な入口が作られているが、往事は東側に入口がありました。階段両側の石垣も後世に造られたものです。


武田氏館跡 説明図昭和13年に国の史跡として指定されました。





武田神社全図武田神社全図。この図の右側に旧大手門が見えます。





武田神社 拝殿武田神社 参拝作法






参道正面に構える立派な拝殿。両脇の大盃には風林火山武田二十四将の文字が書いてありました。参拝の作法もしっかりと書かれていますね。

武田神社 宝物殿宝物殿です。ここに日本100名城スタンプがあります。受付で声を掛けて出してもらいました。




武田氏館跡 配置図武田氏館配置図






■住所:山梨県甲府市古府中町2611
■電話:055-252-2609
■開館時間:宝物殿 午前9時〜午後4時(閉館4時半)
■入館料:宝物殿 大人300円、小人150円

geinojin at 12:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!武田氏館 
2012年07月12日

日本100名城28番 小諸城(こもろじょう)


小諸城跡は、市営公園小諸城址懐古園(こもろじょうしかいこえん)として整備、公開されています。小諸城には白鶴城 酔月城 穴城 鍋蓋城 乙女坂城 等の多くの通称があります。城下町より低い位置にある為、穴城と呼ばれたのは有名ですが、他の通称の謂れは現在調査中です。

小諸城跡 駐車場小諸城址 懐古園 案内図






駐車場は広く、止めやすいです。駐車場内には上の様な案内図が幾つか有りますので、とっても解りやすいです。

小諸城 三の門国指定重要文化財三の門です。寛保2年(1742年)城下を襲った洪水により流失し、約20年後の明和年代に再建されて現在に至っています。中央に掛かっている「懐古園」の大額は徳川宗家16代当主 徳川家達(とくがわいえさと)公の筆との事です。

小諸城 徴古館この建物は「徴古館」と言って、小諸城及び歴代城主ゆかりの武具や古文書が展示されています。この「徴古館」の入口を入って右奥の事務所に日本100名城のスタンプがあります。


小諸城 懐古園 料金所こちらが料金所になります。この先が有料のエリアになります。今回は懐古園内の散策のみなので、散策券(300円)を購入しました。他には全ての施設が見れる共通券(500円)や1施設のみの単独券(200円)が有ります。

小諸城 二の門跡二の門跡です。






懐古園稲荷神社懐古園稲荷神社由緒






懐古園稲荷神社です。

小諸城 懐古園 黒門橋黒門橋です。緊急時にはこの橋を落して本丸を防御します。





小諸城址 懐古神社小諸城址 懐古神社の由緒






懐古神社です。明治13年4月廃藩後荒れ果てた小諸城跡を整備し懐古園とするにあたり、本丸東北に城内の鎮守神として祀られていた天満宮・火魂(荒神)社と同藩を治めた牧野氏の歴代藩主の霊を合祀してここに建立されました。

小諸城跡 天守台階段天守台に登る階段です。左側に「キケンにつき足下にご注意下さい」の看板がありますが、実際キケンです。妻が一番下の斜めになってる石の上で足を捻挫して全治1ヵ月の重症を負いました。

小諸城跡 天守台天守台を下から見たところです。天守台には三層の天守閣が建造されていたとの事ですが、寛永3年(1626年)に落雷により消失し、その後再建はされませんでした。


小諸城跡 水の手不明御門跡小諸城跡 水の手不明御門跡からの眺め






そして、一番奥にあるのが水の手不明御門跡です。小諸城の背面にある搦手にあります。ここから城の西側を流れる千曲川が一望できます。とっても風光明媚なところでした。

【お問い合わせ】
■小諸市懐古園事務所
■電話:0267-22-0296
■開園時間:午前8時半〜午後5時
        動物園は午前8時半〜午後4時半
        遊園地は午前9時〜午後5時
■休園日:12月〜3月中旬まで毎週水曜日
       年末年始(12月29日〜1月3日)
       遊園地(12月1日〜3月中旬)

geinojin at 17:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!小諸城